自己紹介♪ ①

こんにちは。ガブリエルです😸

このブログは、私が年齢制限ギリギリでワーホリに飛び出した体験談のあれこれを綴ったブログだったのですが、いつの間にか、私の不手際でほとんどの記事が消えてしまいました\(^o^)/

なので、昔のワーホリ生活や海外での思い出(?)や、怖かった親知らずの抜歯(笑)についてを思い出しながら綴るブログに変更したいと思います☆

今度は記事が消えてしまわないように・・・

こんなブログでも、楽しんで笑ってもらえたら・・・そして何かの記事がどこかで誰かのお役に立てたら、すごく嬉しいです♪

2018年に日本に帰国してからは、日本で暮らし、日本で働き、気づいたらもうすぐ35歳…あわわわわ!?なんだか私も普通の日本人になってきて、つまんなくなっちゃったなぁってしみじみ感じる日々です。でも、このブログを通して、いつぞやの冒険心?を取り戻せたらなって思います!

😸ガブリエルについて😸

ハンドルネーム:ガブリエル😸

NZにいた時に破格の値段で住まわせてもらっていたハウスオーナーのお家にいた猫(好き勝手行動し、おなかが空いたときや自分の気が向いたときだけ甘える)と行動パターンが同じ、おまけに餌の与えられすぎ(&酒の飲みすぎ?)でブクブク太る過程まで同じだったため、

「お前なんかガブリエルやぁ」ってよく言われていました。(by 死ぬほど世話になった、それなのに良くケンカになった←どれだけガブ恩知らず? 関西人の同居人より)

🍰 出身地:千葉県〇市
🍰 生まれ:19〇5年


(人の車の上で悪びれもなく、暖を取るガブリエル。)

 

 (^-^;

 

 



(明らかに、睨んでいる…❓😹)
 

 


😸~略歴~😸

あまりぱっとしない学生時代を過ごす。それなりに楽しいときもあったが、急に学校に行くのが嫌になって行っていなかったりもした\(^o^)/



学校に行ったり、行かなかったりもしたが、高3の1年だけ頑張り、大学に受かる。(親に感謝)

大学に入り、サークルに参加したり、バイトしたりする。あまり何も考えてなかった。このときに将来のことを考えたり、もっと勉強したりすればよかった。

たこ焼き屋で働いてみたり、居酒屋で働いてみたり、家庭教師のバイトをしたりするも、すぐに嫌になる笑

MRIの中に入って知恵テストをするみたいな、謎なバイトもした。←これは、雇い元はちゃんとしたところなんだが、なんせ話だけ聞くとヤバイ笑
(不定期なうえ毎回の知恵テストみたいのががめんどくさくなってこれもそのうち行かなくなった笑)😸

結果、時給もまあまあ良くて、ストレートシフトでまとまった時間働けるコールセンターのバイト(個人プレーのため?)が一番続いた。

友達の助けと一夜漬けの努力が実り(?)、大学4年生はほとんど学校に行かなくて良くなったので、大学卒業前に、スクールインターンというプログラムに1カ月参加するという目標をたて、バイトに明け暮れる。当時確か1400円のバイトで週5ぐらいで働いて、月15~20万円近く稼げたかな?



4年生の春休みにオーストラリアのサンシャインコーストでに行き、カルチャーショックを受ける\(^o^)/

青い空、リラックスした生活、仕事終わりに暑いからって海に飛び込む生活!食事のボリュームとビーチでのピクニック!今まで食べたことないチョコレートの味に日本とは違う文房具。天気が良ければテラスでの朝ご飯に、体形とか関係なしにそれぞれが快適で、好きな服を着て出かける…

旅行者だから良いとこばかり見えたのかもしれないけれど、日本よりももっともっと、みんな人生を楽しんでいるように見えました。

留学中は、たくさんの人にすごく良くしてもらい、お世話になったのに、その時の私は英語でコミュニケーションをちゃんととることができず、皆の輪の中に入っていくのが怖いって思ったり、感謝の気持ちをちゃんと伝えられずに、悔しい思いもしました。

だけど、いつか私はこういうコミュニティの中でちゃんとコミュニケーションを取れるようになりたいと強く思い、1カ月の留学を終えて帰国しました。



決まっていたIT系の会社に新卒で就職。ちゃんとした会社で、社会人としての基礎を学ばしてもらいました。

そんなありがたい環境ながらも、留学から帰って思うことはまた海外に行きたいということばかり。学生から急に社会人になって、仕事きついな~って思う気持ちもあったと思います。

結局何も成し遂げることなく(若気の至りってこわい)オペア留学に参加するため会社は1年半で辞めました。

結局与えてもらうばかりで、何も会社には役に立つことはできなかったけど、今でもあのとき先輩に教えてもらったことを思い出しながら、電話応対やメールを書いたり、日々の仕事に取り組ませてもらっています。なにもできない給料ドロボーですみませんでした!



海外留学したいと思っても、正規留学する莫大なお金も、借金する勇気もなかった(←若いときは借金っていう選択肢自体思いつかなかった)ので、自己負担が少なくても、どっぷりと現地の生活に浸ることができる、「オペア留学」を選びました。

アメリカのホストファミリーのお家で、週45時間お子さんの面倒を見ることで、ホームステイ代と食費がタダになり、週200ドル弱のお小遣いがもらえて、パートタイムの学校にも通えるという、アメリカ国務省主催のプログラムです。

このプログラムに参加することで、ホストファミリーにもすごく親切にしてもらい、2歳の男の子と、新生児のベイビーをお世話する経験ができたし、

また、1日あったことをホストファミリーに報告したり、アジアやヨーロッパ、南米など、様々な国から参加している他のオペアとの交流を通じて、英語でコミュニケーションする力をある程度伸ばすことができました。このオペア留学を通じて、アメリカには合計1年半ほど滞在しました。



オペア留学も終わり、オペアが終わったら帰国しなければいけないので、日本に帰りました。また海外に行きたい気持ちもあったけど、海外で遊んで(?)ばっかりいて、のちのち職につけなくなったら困ると思って、日本でしばらく働くことにしました。

また海外に行きたい気持ちもあったので、正社員ではなく派遣で、外資系企業のサポート事務みたいな仕事を1年半、途中で契約が残念ながら終了になり(派遣先の予算がカットされてしまったとのこと、私がやばかったからじゃないと信じたい笑)、さらに1年半、貿易にかかわる仕事で、これも外資の会社で派遣で1年半働きました。

就職のために、帰国後TOEICと英検を受験しました。やっぱり英語ができますっていうだけじゃなくて、就職には数字で説明できる何かが必要なようです。

テスト前に少し対策しただけで、あまり苦労することなく、英検準1級とTOEIC800点を取得できました。

大学受験で中学レベルの文法と単語の土台があったので、そのうえで1年半アメリカにいて、英語の上達具合としては、自分の言いたいことは何とか英語で言えるけど、相手が早口だったり、普段自分が使わない英語だったりしたときは???ってなるし、映画も字幕なしで見るなんてほぼ無理でした。

男女が恋してもめて最後ハッピーエンドみたいな単純な物語だったら、場面を推測しながらなんとなく字幕なしでストーリーの大枠を理解できるレベルです。不自由なく英語が使いこなせる、というレベルでは到底ありませんでした。

新卒で入った会社を1年半でやめているので、日系企業には派遣でも採用されなかったし、面接でも彼らの求めるような返答はできなかったと思います\(^o^)/

面接に行った後落ち込んだりもしましたが、結果、外資系の会社に機会をもらえて、何とか職に就くことができました笑 感謝。

略歴とかいいながら現時点でかなり長くなってしまっております汗
いったん次に続きます\(^o^)/ 😸

自己紹介カテゴリの最新記事